機械工学専修
大学院 機械工学専攻 航空操縦学専修 法政大学HP プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ
学科案内 学科案内 研究 カリキュラム スタッフ Q&A 進路・就職 キャンパス風景
 
複合材料研究室
 
新井和吉
教授
医療・福祉ロボティクス研究室
 
石井千春
教授
先端材料工学研究室
 
大澤泰明
教授
     
スポーツ研究室
 
金光興二
教授
エネルギー変換工学研究室
 
川上忠重
教授
材料強度学研究室
 
崎野清憲
教授
     
流体工学研究室
 
チャピ ゲンツィ
教授
流体工学研究室
 
塚本英明
教授
流体工学研究室
 
辻田星歩
教授
     
反応・流体研究室
 
林  茂
教授
反応・流体研究室
 
平野元久
教授
航空・機械音響研究室
 
御法川 学
教授
     
複合材料研究室
 
相原建人
専任講師
複合材料研究室
 
吉田一朗
専任講師
 
 

研究テーマ:
耐スペースデブリ用軽量小型複合バンパの開発、バードストライクによるCFRPの損傷機構、超高速飛翔体発射装置の開発、FRPのサンドエロージョン、野球用ヘルメットの耐衝撃性、など

社会的活動:
日本材料科学会理事、高圧ガス保安協会委員、日本機械学会、日本航空宇宙学会 など

業績:
日本材料科学会論文賞、末沢賞、日本機械学会畠山賞

実験設備:
軽ガスガン、高速度ビデオカメラ、レーザ顕微鏡

研究内容:
スペースデブリ(宇宙ゴミ)衝突,バードストライク(鳥衝突),スポーツ用具などの高速衝突防御材料に関する研究

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:629KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
単孔式内視鏡手術支援ロボットシステムの開発、医療ミス回避システムの構築、筋電義手の開発と制御、パワーアシストスーツの開発、脳波による電動車椅子の制御

社会的活動:
IEEE、日本機械学会、計測自動制御学会、日本ロボット学会、電気学会、日本コンピュータ外科学会

業績:
日本機械学会 畠山賞、日本機械学会 教育賞、IEEE HSI 2011 The Best Paper Award
実験設備:
力覚デバイスOmega.7、PHANTOM omni

研究内容: 
内視鏡手術支援ロボットや、筋電位による電動義手の制御など医療・福祉工学に関連したロボットの研究・開発を行っています

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:594KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
ガス発生剤を用いた超塑性アルミニウム合金製中空構造部材の製作

社会的活動:
日本機械学会、日本塑性加工学会、日本軽金属学会(評議員、論文校閲委員、研究部会部会長)

業績:
Advanced sheet metal forming of aluminum alloys(ICAA-6)

実験設備:
超塑性加工用高温真空プレス装置(100トン)

研究内容: 
Al,Mg,Ti,Liなどの比強度,比剛性の高い非鉄金属合金の加工技術開発.あわせて,スギ,竹などを加工により高付加価値を付与する技術開発及び難加工性素材の成形性向上のための基礎研究など

 

 

 

研究概要はこちら ](PDF:638KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
野球における競技力向上及び指導者・スポーツリーダーの育成と資質向上の研究、生涯スポーツの野球論

社会的活動:
法政大学野球部監督(2003年~現在)、全日本大学野球連盟監督会常任委員・幹事(2005年~現在)、全日本アマチュア野球連盟強化本部技術情報部会委員(2005年~現在)、日米及び世界大学野球選手権大会日本代表ヘッドコーチ(2006年)、日本オリンピック委員会強化スタッフ(コーチングスタッフ)(2007年度)

業績:
日本学生野球協会表彰(高校)(1974年)、日本学生野球協会表彰(大学)(1978年)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
超希薄炭化水素―空気混合気の可燃限界に及ぼす高点火エネルギーの影響、対向噴霧方式を用いた高温・高圧下での成層燃焼場の燃焼特性に及ぼすCO2添加の影響及びNOx低減に関する研究

最近の著書:
工業熱力学 基礎編(東京大学出版会、共著)、燃焼現象の基礎(オーム社、共著)

社会的活動:
日本機械学会、日本燃焼学会、日本マイクログラビティ応用学会、自動車技術会、日本エネルギー学会

研究内容: 
熱エネルギーをはじめとする各種のエネルギー変換現象を多角的に研究することにより、環境をキーワードとしたエネルギーの有効利用やそれに伴う環境汚染物質の低減に関する指針を得ることを目的としています

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:617KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
1.構造材料の衝撃変形特性(金属、非金属の高速変形機構) 
2.高分子系複合材料の衝撃損傷(損傷箇所の超音波深傷) 
3.構造材料の損傷に関する非破壊検査(磁歪特性の応力依存性)
4.ゴルフボールや野球ボールの動的変形挙動

社会的活動:
日本機械学会会員、日本材料学会会員、日本実験力学会会員、日本材料学会衝撃部門委員会委員長、DYMAT association member
実験設備:①ホプキンソン棒型高速変形装置、②落錘型衝撃引張り装置、③超音波探査映像装置、④引張り試験機(5トン)、⑤ゴールドイメージ炉、⑥高速トランジェントタイムコンバータ

研究内容:
構造部材に衝撃荷重が加わった際の強度、破壊形態、変形特性について、巨視的ならびに微視的見地から研究を行っています

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:537KB)

    ページのトップへ

研究テーマ:
屋内・屋外ロボットナビゲーション、知能制御、人間型介助ロボット、ガイドロボット、リハビリテーション支援ロボットシステム、屋内軽荷搬支援ロボットなど

社会的活動:
IEEE、日本ロボット学会

業績:
Best Paper Award: ACET2013、Excellence in Research Journal Award: Journal of Information Technology Research 2011

研究内容:
支援を必要とする人々のクオリティ・オブ・ライフの向上を目指して、支援ロボットを主に研究開発しています。

 

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
宇宙・航空機・自動車用傾斜機能材料の開発、パルス通電圧延異種材料接合技術の開発、スマートコンポジットの開発、大変形による金属ベースヘテロ構造制御技術の開発、マイクロメカニックスに基づく新ヘテロ構造材料の設計・開発。

社会的活動:
日本金属学会、日本機械学会、日本材料学会、Materials Australia, TMS(US)等

業績・賞:
2013 ISPlasma best poster presentation award、ICEP2009 best paper award、MRS-J 奨励賞 等、論文:Acta Materialia (2010)、 Materials Science and Engineering A (2015,2010,2010) 等

実験設備:
引張圧縮試験機、ねじり試験機、粉末冶金設備 等

研究内容: 
材料学(金属学)と機械工学という密接な関係にある両分野の知識・経験を活かして新しいコンセプトを有する構造・機能性先進材料の開発を行っています。特にヘテロ構造を有する傾斜機能材料を始めとする種々の多相材料に関して、新たな理論の構築と最新機器を用いた実験による研究を進めています。

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
ターボ機械内部流れの損失生成機構の解明/軸流タービン翼の高負荷化に関する研究/マイクロガスタービン用遠心圧縮機の開発/ターボチャージャの性能向上に関する研究

社会的活動:
日本機械学会、日本ガスタービン学会、ターボ機械協会、米国機械学会

業績:
日本機械学会研究奨励賞

実験設備:
低速翼列風洞試験装置、小型軸流タービン円環翼列試験装置、自動車用ターボチャージャ回転要素試験装置

研究内容: 
ジェットエンジンやターボチャージャの主要構成要素である圧縮機およびタービンの空力的性能向上に関する研究を行なっています

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:720KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
航空環境技術、レーザー光散乱を利用した噴霧流の計測、コンピュータ画像診断技術の開発、旋回流れ場や高温既燃ガスを利用したクリーン燃焼

社会的活動:
国際民間航空機構(ICAO)のCAEP WGメンバー、日本ガスタービン学会、日本機械学会、液体微粒化学会、国際燃焼学会

業績:
IPCC(気象変動に関する政府間パネル)より2007ノーベル平和賞受賞理由となった調査活動への貢献に対する表彰、2008年

研究内容: 
航空環境技術の開発を目ざし、ジェットエンジン燃焼器の噴霧、燃焼特性、排出特性の研究を行っています。また、そのためのレーザーによる流場の計測やCFD(コンピュータによる流れ解析)による予測の研究も並行して進めています。これらの研究のいくつかはJAXA航空宇宙研究センターとの連携により行っています。

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:584KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
原子レベル摩擦の計算機シミュレーション、超潤滑現象の周波数応答解析、数値花粉予報シミュレーション、材料の弾性係数の逆問題解析、情報通信設備構造物の画像解析による耐震劣化診断技術の開発

社会的活動:
日本機械学会,日本計算工学会,日本物理学会

業績:
構造物モニタリング技術の開発と応用(シーエムシー出版、共著)、Friction at the Atomic Level -Introduction to Atomistics in Tribology-(Wiley-VCH)

研究内容:
原子スケールの摩擦と超潤滑の発生機構の解明、摩擦の原子論モデルのダイナミクス・振動モード解析、スギ花粉等アレルギー誘発性大気環境汚染物質の逆問題解析による発生量推定、ニューラルネットを活用したスギ花粉数値予報の開発に関する研究を行っています。

 

研究室制作HP

 

 

研究概要はこちら ](PDF:1700KB)

    ページのトップへ

研究テーマ:
マイクロファンの静音化および音質向上、情報機器の音質設計、小型ガスタービンの騒音低減、小型航空機用フライトシミュレータ開発のための操縦特性計測、訓練機の騒音シミュレーションなど

社会的活動:
日本機械学会「環境工学部門」運営委員、ビジネス機械・情報システム産業協会規格作成委員会

業績:
日本機械学会畠山賞、日本騒音制御工学会研究奨励賞

実験設備:
マイクロファン性能・騒音・振動試験装置、小型ガスタービン試験装置(梶野町キャンパス)光造形機、微細放電加工機、マイクロブラスト加工機(マイクロナノテクノロジーセンター)実験用モーターグライダー(Diamond Aircraft HK36 Super Dimona)(大利根飛行場)

研究内容: 
当研究室では、「航空」と「機械音響」に関するテーマにより、社会のニーズを積極的に取り入れた研究教育を行っております
–主な研究テーマ
 ・航空機の操縦支援・運航支援ツールの開発
 ・小型航空機用フライトシミュレータの開発
 ・マイクロガスタービンを用いた低騒音化研究
 ・新カテゴリーの小型航空機(LSA)の設計試作

 

 

研究概要はこちら ](PDF:660KB)

    ページのトップへ

 

研究テーマ:
非線形振動の理論解析、共振型発電機の開発、

歯車の歯打ち振動解析、ねじり振動低減ダンパーの開発、

遊星歯車の機構運動解析、楽器の音響解析

社会的活動:
日本機械学会、日本設計工学会

業績:
日本機械学会 三浦賞、日本設計工学会 論文奨励賞

実験設備:
無響室、多チャンネル分析処理器、コンデンサマイクロフォン、レーザー変位計、マイクロフォントラバース装置

研究内容:
理論・CAE・実験により機械構造物の振動解析や動力伝達機構の静粛化・高効率化に関する研究を行っています。

 

 

研究室制作HP




研究概要はこちら ](PDF:950KB)

    ページのトップへ

研究テーマ:
・精密計測ロボットの研究

・牡蠣の殻を開けずに中の身の大きさを予測する研究

・1000年の耐久性を目指した和紙の印刷技術の研究開発

・ロボット化のための画像認識技術の研究

・3Dプリンタ-3Dスキャナ-3D-CADのクローズドループ

 エンジニアリングに関する研究

・光学干渉原理による工作機械の摩耗計測の研究

・エンジンの環境性能を向上させる表面凹凸に関する研究

・エモーショナルデザイン研究

  愛着の持てるスマホケースのデザインの研究

  和紙の魅力の解明の研究


社会的活動:
精密工学会、日本設計工学会、トライボロジー学会、日本機械学会、
計測自動制御学会、ISO/TC213国内委員、
JIS原案作成委員、日本光学測定機工業会


業績:
日本設計工学会 論文奨励賞、日本設計工学会 学生優秀発表賞、

小坂研究所 特許賞


実験設備:
空間座標測定機,多関節型座標測定機,レーザ変位センサ,レーザスキャナ,加速度計,表面性状測定機,牡蠣計測システム(自作),精密計測ロボット(自作)

研究内容:
本研究室では、長く愛着が持てるデザインの解明や自動車のエンジンや摺動面の環境性能を向上させる表面凹凸の研究、精密計測ロボットの研究開発など、設計工学、デザイン、計測学、トライボロジー等を融合させた研究を行っています。


 

研究室制作HP



研究概要はこちら ](PDF:950KB)

ページのトップへ